スポーツの中で水泳というのは

プロではなくても、世界中でたくさんの人がスポーツに親しんでいます。スポーツの効能、意義について記述します。

スポーツの中で水泳というのは
スポーツの中で水泳というのは

スポーツの効能と意義

スポーツは、日常的に楽しんでいます。プロやセミプロみたいな本格的でなくても、軽く体を動かしたりすることで、気分転換や健康維持にもつながります。また日本古来のスポーツとしては、サッカーに似ている蹴鞠や鷹狩りや流鏑馬みたいな、現在には伝統芸能として伝わっているものもあります。最近は子供が少なくなったこともありますが、公園で遊ぶ子供を見かけなくなりました。自分が子供の頃は町内対抗ソフトボール大会もあって、高学年から低学年まで混じって、活動をしていました。

スポーツをやっていいと思えるのは、いわゆる体育会系の気持ちが身に付くことです。航行までの部活動レベルでも、社会における基本的なマナーや上下関係を十分に身に付け、規律に従う習慣ができるということです。また、大会で勝ったり、記録を更新したりすることで、チャレンジする心を育てることができます。スポーツにはルールがありますので、そのルールに従って、競い合い、お互いをリスペクトする心も生まれてきます。正しい競争心を身に付けることができれば、スポーツ以外の分野でも活かすことができると思います。おおざっぱに言えば、人格形成にかなり大きく寄与できるということです。